看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第20回 〜社会福祉法人恩賜財団 大阪府済生会泉尾病院〜

先輩ナースによるリアルトーク
杉本まどか

4東病棟(外科・脳神経外科)勤務。大阪市出身。2008年に大病協看護専門学校(原大阪府病院協会看護専門学校)を卒業
1年目の教育制度はいかがでしたか。
いろんな看護学校の出身者がいて、配属もばらばらなのですが、研修はグループワークがメインなんです。それで同期と交流の時間が持てて、楽しかったです。実際に現場に配属されてからはプリセプターの先輩以外の方からも技術面や院内のマニュアルの指導を受けています。
4東病棟はどんな雰囲気ですか。
明るいですよ。先輩方とも何でも話せる雰囲気です。緊急手術が多く、ばたばたすることもありますが、先輩方に分からないことを尋ねて、手伝っていただいています。やはり実習のときとは違いますので、技術など分からないことばかりで最初のうちは悩んだのですが、先輩方に尋ねるうちに勉強になり、力がついてきたように思います。
どのようなことがやりがいになっていますか。

脳神経外科の術後にADLが上がらない患者さんにリハビリを促すことで、ADLが上がったり、コミュニケーションができなかった患者さんができるようになったりなど、いろんな面で患者さんの回復を見ることができるのは大きなやりがいです。また外科の勉強会でストーマについても学んでいます。退院後の生活のフォローなど勉強になりますね。学校ではテキストだけで勉強していましたが、患者さんの実際の姿を見ることでさらに深い知識になっているようです。
将来の目標をお聞かせください。
希望通りの外科に配属になり、外科の一連の内容が見られてよかったと思っています。今後も外科の勉強を頑張りたいですが、学生のときから急性期的なことに興味がありますので、ICUも経験してみたいです。

竹村典子

3東病棟(総合内科)勤務。和歌山県東牟妻郡出身。2008年に大病協看護専門学校(原大阪府病院協会看護専門学校)を卒業
こちらの教育体制でどんなところが良かったですか。
プリセプターがずっとついてくれて、1カ月ごとにチェックリストの記入をすることですね。評価されるだけではなく、勉強会も活発です。重症患者さんの呼吸器の記録なども見ながら、患者さん一人一人のことをしっかり勉強できました。病院全体の勉強会に加えて、病棟だけの勉強会もあります。呼吸器疾患、がん、疼痛緩和など月に1回のペースです。学生時代に習ったことでも1年経つと使う薬が変わったりしますので、勉強が大変ですが、頑張っています。
3東病棟はどんな雰囲気ですか。

年齢の近い先輩方が多いので、どんなことでも聞きにくいということがありません。総合内科なので、急性期と慢性期の患者さんがいらっしゃるのですが、慢性期の場合はリハビリのスタッフと合同のカンファレンスがあって、ADLの向上を目指しています。慢性期は患者さんと長く関われるので、楽しいですね。まだ若いのに寝たきりの方もいますが、90歳で自立を目指していらっしゃる患者さんもいます。いかにADLを落とさず、維持できるかを考えて、少しでも向上できたときは本当に嬉しいです。
寮生活はいかがですか。
自転車で5分の場所にあるので、通勤には本当に便利です。マンション自体が女性専用で、オートロックですし、セキュリティも安心ですね。歩いて2分のところにスーパーもありますし、近くの店で何でも揃います。ご飯を食べる場所も豊富にあるんですよ(笑)。
将来の目標をお聞かせください。
学生のときからがんや呼吸器に興味があるので、今後も勉強していきたいですが、まずは病棟の先輩方のように何でもこなせるようになりたいです。
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 社会福祉法人 恩賜財団 大阪府済生会泉尾病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ