看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第22回 〜福井県立病院〜

職場訪問
11北病棟
e-nurse HOSPITAL INFO
11階北病棟は消化器内科の病棟です。入院される主な疾患は食道・胃・十二指腸・大腸・肝臓・膵臓の癌や炎症性疾患、胃、大腸の潰瘍などです。腹痛や出血を伴う発症で緊急入院が多いのも特色です。 看護師は師長、副師長2名と18名のスタッフがチームを組み「笑顔を忘れず安心と安全な医療の提供」をモットーに笑顔よく時には厳しく真摯に仕事に取り組んでいます。 最新の医療看護知識を学び急性期の治療の介助、長期入退院を繰り返し治療を続ける方や人生の終末を向かえてその人らしく生きることを支えることも看護師の大切な仕事です。患者様その御家族の皆様の気持ちに添い回復への手助けができることを喜びにして日々努力しています。
12階北病棟
e-nurse HOSPITAL INFO
12階北病棟は腎臓内科と血液内科の混合病棟です。透析療法を受けられる腎臓疾患の方や化学療法を受けられる血液疾患の患者様が療養されています。透析や点滴治療などで長期の療養になることもありますが、患者様とのコミュニケーションを大切にし医師やコメディカルと協働して患者様が安心して過ごせるよう心がけております。スタッフの笑顔と12階から眺める四季折々の山々と美しい夜景も癒しになると思います。
12階南病棟
e-nurse HOSPITAL INFO
12階南病棟は、呼吸器内科・内分泌代謝科の病棟です。 呼吸器内科では、化学療法・放射線療法をはじめ、呼吸リハビリテーション、在宅酸素療法の導入、睡眠時無呼吸検査等を行なっています。呼吸器疾患には一番大切な口腔ケアも徹底して取り組み合併症の予防、回復促進に努めています。内分泌代謝科では、糖尿病教育として患者様の生活に合わせた治療が継続できるように支援しています。また、糖尿病認定看護師による「あなたの足を守るフットケア」も充実しており、好評を得ています。 病棟に飾られた一輪の花にこころが和むように、私たちスタッフは心あたたまる看護の提供を行なっています。
デイ・ケア科
e-nurse HOSPITAL INFO
デイ・ケアは、病院を退院しても自宅に閉じこもりがちになる人や人付き合いが上手くいかない人、病気の再発や入院を防止したい人などを対象に、日中行なわれている活動です。デイ・ケアでは、話し合い・スポーツ・料理・SSTなどのグループ活動を行ない、友達をつくったり、新しい体験をしたりして、じっくりと自分をみつめながら社会生活を営む上での自信を育てていきます。 スタッフは医師・看護師・作業療法士・臨床心理技術者によって構成され、他にボランティアや外部講師に依頼しているプログラムもあり、お互い協力しあって、メンバーが安心してデイ・ケアを利用できるように心がけています。
8北病棟
e-nurse HOSPITAL INFO
8北病棟は、脳神経外科・神経内科・皮膚科の混合病棟です。脳血管障害・脳腫瘍・背髄障害・難病・難治性皮膚疾患の患者様が入院されます。疾患の特徴で病期は急性期から慢性期・リハビリ期と幅広いです。 特に看護師は、急性期に生死のかかった危機的状況から患者様の命を守るために、細心で高度な看護ケアを行うだけでなく、QOLを高めるために患者様の目となり手足となって援助し支えています。 他の特徴としては、難病の患者様に安全で安心な入院生活を送っていただけるように、「特殊ナースコール」や「どこでもドアホン」等を設置しています。また、難病の患者様が退院・転院時には患者様・家族の希望に添えるように、ソーシャルワーカー・訪問看護や難病支援センターのスタッフと協力し、在宅への支援を行っています
11南病棟
e-nurse HOSPITAL INFO
11南病棟は、循環器科・眼科・脳外科の混合病棟です。循環器科では、心筋梗塞・狭心症などの虚血性心疾患や心不全の患者様に応じた治療や看護・リハビリを行っています。クリティカルパスを利用し医師・看護師・理学療法士・薬剤師・栄養士などがチームを組み、スタッフ一丸となって患者様の早期回復を目指しています。急性期の治療を受けられた患者様には地域連携パスを利用し、連携医の先生方の協力のもと慢性期の継続治療を行っています。眼科の白内障や鼻涙管手術などの患者様には、クリティカルパスやビデオによる説明を行い、安全で安心して入院生活を送っていただけるよう取り組んでいます。
6南病棟 緩和ケア病棟
e-nurse HOSPITAL INFO
緩和ケア病棟では、患者さまとご家族の意思を大切に、おひとり,おひとりがゆったりと、すごすなかで愛とやすらぎにつつまれることをお約束いたします。
1.痛みや心身を悩ます不快な症状がやわらぎ、家族や友人との自由な交流、その人らしく過ごすことができるよう心温かいケアを提供します。
2.愛する人を失う悲しみと、その時々に変化する心身の反応は自然なことと、静かに受けとめられ、乗り越えていけるように、ケアを始めたときから、みとり後まで家族の気持ちや想いを大切に支援します。
3.ピアノを聴きながらのアフタヌーンティタイム、歌や踊り、楽器演奏、ロボット犬「まこちゃん」とのお付き合いなど、変化のある楽しい生活を提供しています。
救命救急センター
e-nurse HOSPITAL INFO
国より許可された救命救急センターとして、24時間体制で3次救急外来、救急病棟で患者様を受け入れています。また、患者様の状態の変化に応じ即座に対応できるよう、設備や人材を整えて治療や看護に日々取り組んでいます。ヘリポート・緊急時医療対策施設等を活用しながら、災害拠点病院としての責務を果たせるように努力しています。
●第一次救急医療とは・・・入院治療の必要がなく外来で対処し帰宅可能な患者への治療をいいます。風邪など
●第二次救急医療とは・・・入院治療を必要とする重症患者にたいする治療をいいます。肺炎・脳梗塞など
●第三次救急医療とは・・・一次・二次の救急医療施設からの紹介患者や救急現場で救急隊員により、特に重症と判断された患者への治療を行うことを目的にしています。
ICU:集中治療室
e-nurse HOSPITAL INFO
集中治療室は当病院 4 階南棟にあり、窓が広くて見晴らしの良い明るい場所です。ベッド数は 14床で、診療体制は、麻酔科、循環器内科、心臓血管外科、呼吸器内科が中心となっています。 入室される方は、大きな手術後の患者様、急性心筋梗塞などの心臓疾患、急病・大事故など重症の患者様が対象です。 2005 年度に集中治療室を利用された患者数は 820 名でした。 診療記録は電子カルテシステムを使用しています。看護師長 1 人と看護職員 38 名(うち副看護師長 2 名を含む)が 3 交代 5 名夜勤で勤務しています。人工呼吸、血液浄化、機械的循環補助など最先端の治療が行われている中で、患者様やその家族の方の安心と安全に力を注ぎ日々努力しています。
東4病棟:心身医療科
e-nurse HOSPITAL INFO
少子高齢化に経済格差、雇用問題、年金問題など。何かとストレスの多い現代。様々なストレッサーに曝されて「心と身体」のバランスが崩れていませんか?憂うつな気分になる・イライラするなどの「こころの不調」の時どうすればよいでしょうか? 平成19年4月には、こころの医療センター内に「心身医療病棟」(東4病棟)を新設オープンいたしました。 当病棟は「心と身体」がバランスを崩したことから起こる病気を治療の対象とし、治療の基本は「休養」と「お薬」と考えております。 先ずは、安心して治療と休養に専念していただける個室を充実。そして、ゆったりくつろげるリラクゼーション室や、朝日や夕日がきれいな全面ガラス張りの食堂など。思い思いの癒しでエネルギーを蓄えていただけますように、静かで落ち着いた環境を提供いたします。さらに、とっておきの癒しは、何よりも病棟スタッフの温かい笑顔と看護にあると自負しています。つらい症状をかかえた皆様の心と身体を癒し、新たなエネルギーを蓄えていただけますよう、静かで落ち着いた環境を提供いたします。
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 福井県立病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ