看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第26回 〜特定医療法人社団健生会 立川相互病院〜

看護部長からのメッセージ

(佐藤 静香 副院長/看護部長)
看護師を目指したきっかけ
 「女性も自立しなければ」と母にいつも言われていました。それで自分なりに考えて「自立するなら看護婦だな」と思い、看護学校に進学しました。
立川相互病院を選んだ理由
 学生時代の看護実習は大学病院だったのですが、医師と患者様だけでなく、私たち医療スタッフとの間にも大きな距離を感じました。ところが夏休みの看護体験で立川相互病院に来てみると、とてもアットホームで患者様との距離が近く、患者様の立場で医療を考える姿勢に感動しました。職員の方からも「病院を大きくするので、一緒にやろう」と呼びかけていただき、入職を決めました。
35年の看護経験で培った看護観についてお聞かせください
 一言でいえば、患者様を一人の人間として診ることです。病を得ても、生活があり、生きてきた歴史があります。それぞれの人生を尊重して、どういう看護が最もふさわしいのかを患者様と一緒に作っていくことが大切だと感じています。
 立川相互病院には、患者様に限らず、医療スタッフを人間として、医療人として尊重する伝統と文化があります。看護師から医師に「この痛みを和らげるにはこういう薬を使ったらどうでしょうか」と提案することもまれではありません。医師も看護師を一人の医療人として尊重していますから、妥当な提案なら受け入れ、逆に医師が看護師に相談することさえあります。
 互いに尊重しあい、よりよい医療や看護を実践したいと思う気持ちは立川相互病院の全ての医療スタッフに共通した思いです。
看護基準7:1は最も手厚い看護基準ですね。看護師の確保が大変ではありませんか。
 7:1の看護基準が認められるようになった2006年に当院でも導入しました。ベッド7に対して1人の看護師を配置する、この基準は現在、最も手厚い看護基準ですが、結婚や転居によって退職する看護師もいるので、毎年10名前後の看護師を採用して全人看護を実践しています。院内保育が充実しているので、産休を取った後に戻ってくる看護師も少なくありません。今年は産休を取る看護師が18人もいますが、全員が戻ってくる予定です。
院内保育の充実が注目されます。
 妊娠、出産は女性のライフサイクルの中で必然ですから、お子さんがいても働ける環境を整えるのは当然だと考えています。
看護師の勤務はどのようになっていますか。
 朝8時30分から17時30分までの日勤、16時から1時までの準夜勤、0時から翌日の9時までの深夜勤という3交代の職場は少なく、多くは2交代勤務です。職場ごとの話し合いで、最もよい勤務時間が決められています。今月も3交代から2交代に代わった職場があります。2交代になると、夜勤が3、4人になりますので、看護師さんも安心できますし、患者様を待たせることが少なくなります。
どのような姿勢で看護師教育を行っているのでしょうか。
 病気のことだけでなく、患者様がどういう暮らしをしているのか、どんなお仕事を持っているのかということなどにも配慮して看護ができるようになってほしいと願っています。肉体的な苦痛だけでなく、患者様の精神的、社会的、経済的背景まで配慮してはじめて、寄り添う看護ができるのです。言葉だけで優しくしても「寄り添う」ことは難しいでしょう。
 ともに考え、ともに学び合うことで互いに成長し合うための教育だと思っています。看護師として誇りをもって働いているスタッフばかりなので、一方的に教えるのではなく、一緒によりよい看護を考えていければと思います。
 当院の看護師は向上心が強いので、1年も経つと本当に立派になります。仕事に対する自信と誇りが笑顔に表れるようになります。だから当院の看護師は美人揃いなんですよ(笑)。内面からの美しさが生き生きと働く姿に表れます。
看護部長として、あるいは副院長として、こうしたいという課題はありますか。
 職員の子育て支援をさらに充実させたいと思っています。院内保育園は充実していますが、さらに幼児保育や学童保育にも力を入れたいと考えています。産休を取って、再び看護の現場に戻ってきた職員が働きやすい職場になるようにしたいですね。
安心・安全・信頼の医療を実践するために取り組んでいることについて、お聞かせください。
 たとえば、院内感染防止対策が医療の重要課題になっていますが、当院ではICN(インフェクション・コントロール・ナース)を中心に週1回のICTラウンドを実施して、院内環境整備を心がけています。抗生物質の使用量も常にチェックして、必要があれば使用制限するようにします。抗生物質の過剰使用は耐性菌の増加にもつながるので、医師の協力が不可欠ですが、スタッフ全員が積極的に院内感染防止に取り組むことが重要だと考えています。その結果として、安心で安全な医療が担保されているのだと思います。
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 特定医療法人社団健生会 立川相互病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ