看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第28回 〜医療法人 財団厚生協会 東京足立病院〜

病院の特色
院長の挨拶
 当院は1958年9月の開設以来、「地域のニーズに応える医療」と「職員の生活の保障」を経営理念として、地域精神医療体制の充実を図ってまいりました。
 21世紀医療に向けて、「安心と満足の医療と福祉の提供」を新たに経営理念に加えましたが、これは精神医療のみならず、老人福祉事業における治療と療養環境を21世紀にふさわしく飛躍的に改善した新中央棟を完成させることができたからです。
 今後、精神科急性期治療におきましてはEBMに基づく上質で効率な医療の提供を、そして精神科療養棟におきましては生活習慣病に対する積極的な予防とQOLを重視した生活障害の改善を当面の目標といたしまして日々努力を積み重ねる所存です。
 また、併設されております足立老人ケアセンター(介護老人保健施設)、訪問看護ステーション保木間、足立居宅介護支援センター保木間、指定居宅介護支援事業者保木間、ホームヘルプサービス保木間、そして老人デイケア部門と連携し、地域の高齢者への福祉と介護の支援体制強化と入所から在宅までの一貫した福祉と介護体制を構築しております。
 また高齢化の進む外来患者様へのデイケアや訪問看護を中心とした地域コミュニティケアの実践にも積極的に取り組んでおります。東京足立病院における安心と満足の入院治療機能、大規模デイケアを中心とした外来部門での地域コミュニティサポート機能、老人保健施設を中心とした入所から在宅までの一貫したサポート機能、以上の三要素を包括した総合医療・福祉・介護施設への大いなる飛躍を目指しております。
経営理念
一、地域のニーズに応える医療と福祉の提供
一、安心と満足の医療と福祉の提供
一、職員の生活の保障
医療理念
一、全人的医療モデル
(Biological Psychological Social Ethical model)
心の疾病−入院部門
 精神科の急性期治療病棟(60床)・回復期病棟(60床)・療養病棟(160床)として機能分化を行い、心の疾病のための治療やリハビリテーションの強化、療養環境の改善に努めている。そのほか、精神科専門病棟としてアルコール精神疾患専門病棟(50床)と老人性認知症疾患療養病棟(60床)があり、内科の入院部門として一般科療養病棟(60床)も合わせて、全部で450床を提供している。
 このうち、急性期治療病棟では3カ月以内の早期社会復帰を目標に集中治療を実現し、回復期病棟や療養病棟では院内の作業療法センターと連携して、能力障害や生活障害に対するリハビリテーションを積極的に行っている。退院後の外来受診やデイケア、および訪問看護・介護あるいは社会復帰施設などが一貫して継続する包括一貫医療体制を強いており、アフターケア機能も整っている。
外来部門
 昭和40年代から積極的な病院地域精神医療に取り組み、外来診察(精神科5診・内科1診、ほかにアルコールや老人外来などの専門外来)、精神科デイケア(平日大規模3単位170名)・デイナイトケア(1単位30名)、訪問看護、訪問介護などの外来部門の充実を図ってきた。入院医療中心から地域医療併立への転換を実践し続けている。
検査部門
 身体合併症対策を重視し、最新のヘリカルCTとTVレントゲンの画像診断室、臨床検査室、歯科室、身体データ管理室を装備している。
アルコール精神疾患専門病棟
 日本のアルコール消費量は年々逓増しており、それにともなってアルコール依存症などのアルコール関連疾患は社会問題となっている。東京足立病院では東京都の支援を受け、アルコール精神疾患専門病棟を開設しており、専門病棟・専門外来・集団療法室・運動療法室などの治療システムを東京都民に提供している。
 病棟は50床の男女混合病棟で、ワンフロアに閉鎖病棟(21床)と開放病棟(29床)の構成となっており、第I期治療として解毒・離脱症状などの身体面の治療、第II期治療として、アルコール・リハビリ・プログラム(ARP)を行い、断酒に向けた本格的な治療に取り組んでいる。
 ARPは原則3カ月の入院で、ミーティングを主とするプログラム参加、患者自治会(プログラム委員)への参加、作業療法や病棟サークルへの参加などのリハビリテーションとなっている。病棟ミーティングでは、近隣の自助グループやアルコール・薬物リハビリ施設のデイケアに参加する院外プログラムもある。アルコール専門外来やアルコール予防教室、家族ミーティングも開催している。
ストレスケア病棟
 職場や学校、家庭などの人間関係で様々なストレスや葛藤を抱え、こころや身体の調子を崩した患者(うつ病、摂食障害、不安障害、パニック障害、PTSDなどのストレスに関連した問題に悩む患者)が日常生活を離れ、ゆっくり静養できる病棟して開設された。患者一人一人の悩みや問題に応じた入院治療計画を患者とともに考え、それに基づいて医師・看護師・薬剤師・作業療法士・臨床心理士・精神保健福祉士・管理栄養士・ケアワーカーなどの他職種によるチーム医療を行っている。
高齢者の医療・介護・リハビリテーション
 高齢者の加齢にともなう身体や心の障害に対し、老人外来・理学療法室・内科療養病棟(60床)・老人性認知症疾患療養病棟(60床)と、併設の介護老人保健施設足立老人ケアセンターを中核とする在宅支援機能の連携による包括的な高齢者医療介護システムを構築している。

 「急性期治療病棟は今、改装を行っていて、2010年の春からスーパー救急病棟に変わります。このような病棟は現在、都内では4カ所しかありませんが、それに次ぐ施設になる予定です。完成すると、半分が個室で、看護師の比率は2対1となり、密度の濃いケアができるようになるでしょう」(森はなこ看護部長)
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 医療法人 財団厚生協会 東京足立病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ