看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第29回 〜医療法人 行岡医学研究会 行岡病院〜


(高山 妙子 看護部長)
看護師を目指したきっかけ
 高校が進学校だったので、大学に行くのは当たり前という雰囲気だったんですね。ところが、私はあまり大学へ進学することがイメージできなかったんです。そのかわり専門職に就くことの憧れがあり、看護師を目指すことにしました。ちょうど大阪に親戚もいましたので、当時の国立大阪病院の看護学校を選びました。
看護師を続けてきた理由
近畿大学の附属病院ではICUに勤務していたので、バーンナウトのような感じで退職したんです。そこで全く違う仕事をしようと、1年間、ビジネススクールで秘書実務を学びました。秘書としての就職もほぼ決まっていたのですが、「これでいいのかな」という戸惑いが出てきたんです。その頃、たまたま看護師の友人に会い、彼女は「夜勤明けできつい」と言っているのですが、私にはとても輝いて見えたんですね。それで、やはり看護師の仕事に戻ろうと決意し、兵庫医大の附属病院にお世話になることにしました。最初はICUにいましたが、出産や育児があったために心臓外科の外来に異動させていただき、勤務を続けることができました。「やらなきゃ」と思えば、プレッシャーになりますが、徐々に楽しんで仕事をすることができるようになり、プレッシャーがプラスのファクターに変わっていったように思います。自分のテリトリーではないことであっても、与えられた役割に自分をマッチさせていくことが大事です。結果論かもしれませんが、「ここまではやってみよう」というところまでやってみたら、そこで一度、降りてみて、その後は「頑張らない」ように気持ちをコントロールしていけたことが仕事を続けてこられた理由ではないでしょうか。
キャリアの中でエポックになったこと
 西宮協立脳神経外科病院に勤務したことですね。私にとっては初めての私立病院でしたので、最初は大学病院との違いに驚くことばかりでした。まだ「地域医療」という言葉も一般的でない時代でしたが、地域医療連携室の立ち上げのスタッフになったんです。机一つからのスタートで、開業医の先生方にご挨拶に伺ったり、地域の医療マップを作ったり、糖尿病教室や市民講座を開いたり、看護師として関われることに積極的に取り組みました。温かく支援していただいた院長や事務長には今も感謝の気持ちで一杯です。大学病院にいたら、事務方などの他部署と連携しながら仕事を進める機会はほとんどありませんので、あの5年間は一つのキャリアとしてラッキーだったと思っています。
行岡病院で病院機能評価の認定を受ける
 私個人としては専門性を高めていくことの方が管理職としての職務を全うするよりも好きなんですよ。近大は心臓外科の優秀な先生方が揃っていましたので、心臓外科やICUで救命救急を勉強させていただけるのは楽しかったですしね。しかしながら、お役に立てることがあればと思い、行岡病院に着任し、今度は地域の救命救急がどうあるべきかと考えなくてはいけなくなりました。同時に、看護部の体制をきちんと構築していくことも求められました。そこで、病院機能評価の認定を受けたことで、看護部のスタッフの意識や考え方に変化が生まれましたね。
 私どもでは、このほど新館を開設し、スポーツ整形にさらに力を入れていくことになりました。スポーツ整形に関わる看護師自身もスポーツに親しんできた人が多いので、肘や膝や靭帯のことがよく分かっています。靭帯の手術は医師のスキルによるところが大きいのですが、私どもの優秀な医師のもとで看護師が興味を持って学んでいる姿は頼もしいですね。スポーツリハビリ専門の理学療法士も常駐し、北天満小学校のグラウンドを借りて、ボールを投げたり、走ったりするリハビリも行うなど、内容が充実してきました。回復期リハビリテーション病棟のカンファレンスではそういったコメディカルと熱心に意見を交換しています。
自身の看護観
 優しさに尽きると思います。若い頃はいろんな看護観を持っていましたが、管理者研修以後、究極のところは優しさだと気付きました。人の痛みや苦しさを理解し、命を相手にする仕事なのですから、優しさを持つことで思いやりも持てるはずだと確信しています。
今後の展望
 主任、中堅クラスの看護師を育てていきたいです。師長も大事ですが、師長を支える主任、中堅クラスを育てることは時代のニーズでもあります。そのためのプログラムとして、医療のことだけではなく、どんなことでも受容できる大きな人間になれるような教育、発想の転換、モチベーションの向上といったことに取り組んでいきたいですね。病院で働く全ての人に先生役になってもらえるプログラムを作れたらと考えています。
 また私どもには附属の看護学校があります。そこの指導者になって、病院の理念を伝えていくことも大きな役割です。今後も学校との連携を強化し、実習の受け入れや指導者会議などを通じて、情報交換をしながら、質の高い教育の場を提供していきたいですね。
看護師として働く方へのメッセージ
 まずは心身のケアをきちんと行うことです。それができていないと、患者さんの命と向き合えるような看護ができません。そして、患者さんが自分の身内だったらと考えて、優しさや思いやりを持つことを忘れないでほしいですね。その気持ちがあったら、仕事をずっと続けていけると思います。
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 医療法人 行岡医学研究会 行岡病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ