看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第30回 〜社団法人 是真会 長崎リハビリテーション病院〜

看護部理念
基本方針
1.心身共に健康第一とする。
2.他人の話をよく聞き、考え、自分の言葉で思いを伝える。
3.疾患・病態さらには人の生活を知る。
4.責任を持って役割を果たす。
5.限界を作らず、可能性を追求する。
6.好奇心と気遣いを持って物事に対処する。
7.しっかりした目標を立て、実践し、検証する。
8.熱い思いを分かち合う。
9.患者さまや家族から学ぶ姿勢を忘れない。
10.患者さまや家族の笑顔を喜びとする。
考え方・特徴
◆24時間365日、いつでも患者さま本意のより良い医療サービスを提供します
脳卒中や頭部外傷などの急性期(救急)治療後、速やかに多職種のチームによる回復期リハビリテーションサービスを集中的に(365日)提供することで、残存する障がいの改善、日常生活自立、家庭復帰などを支援するリハビリテーション専門病院です。更に、家庭訪問を実施して患者さま及びご家族と共に居住環境や生活環境について協議し、退院後も安心して日常生活を送っていただけるように努めます。 そして退院後はご家族と相談のうえ、当院の訪問リハビリテーションサービスや各病院・施設等との連携によってリハビリテーションが継続され、患者さまがその人らしく地域で安心して暮らしていけるように支援いたします。
チーム医療
◆それぞれの専門職が一丸となって、質の高いリハビリテーションサービスを追求
長崎リハビリテーション病院が掲げる「チーム医療」とは、単に専門家集団がそれぞれのリハビリテーション計画に沿って行うものではなく、綿密なカンファレンス、電子カルテによる情報の共有などによって実現されるより高度で質の高いものです。患者さまと関わる全てのスタッフが、きめ細かい情報を基に全員でリハビリテーション計画をたて、定期的に見直し、早期の機能回復、能力向上を目指します。24床を1ユニット(1フロア2ユニット)として、患者さま1人に対し、10名程度のスタッフが担当チームを組みます。各ユニットの運営は医師及びマネージャー(アシスタントマネージャー)が行います。
地域医療連携
急性期(救急)病院から在宅・施設生活に至るさまざまな医療・介護・福祉サービスと強固な連携を結ぶことで患者さま・ご家族の安心した地域生活をサポートします。

◆地域における回復期リハビリテーション病棟の位置づけ
超高齢化社会を目前にした今、リハビリテーション医療が急性期・回復期・維持期(急性期・亜急性期・慢性期)と切れ目なく継続されていくような地域のシステム作りが急務です。急性期医療が急速に入院期間(平均在院日数)の短縮化に向かっていく実情を考えたとき、亜急性期医療の場、そして生活再建の場としての回復期リハビリテーション病棟の位置づけは非常に重要なものになってきます。急性期(救急)医療を支えながらも、尚且つ適切に維持期に繋げることで、地域生活を支援していくという包括的地域ケアシステムの拠点としての役割を担っています。

◆地域との連携
どのように年老いてもまた障がいがあっても、住みなれたところでそこに住む人々と共に、一生安全に生き生きとした生活が送れるよう地域リハビリテーション活動の展開を行っていきます。

長崎くんち「鯱太鼓」への参加

健康教室
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 社団法人 是真会 長崎リハビリテーション病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ