看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第32回 〜社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院〜


(佐藤 淳子 看護部長)
看護師を目指したきっかけ
 もともと子どもが好きで、性格も世話好きで人のために役に立ちたいなあと思って、保育士を目指していました。ところが、家庭の経済的な事情が出てきたんですね。そこで高校の先生から看護学校への進学を勧められました。そんなわけで、小さい頃から目指していた職業では決してなかったのに、患者さんに何をしても「ありがとう」と言われると、こんなにいい職業はないと確信するようになりました。若い頃は普通の看護師で収まる気持ちはなく、常に「人ができないことをやってみよう」と頑張ってきました。わがままで、手を焼いてしまうような患者さんがいらっしゃっても、「私には『ありがとう』と言ってもらえるように、時間をかけて話を聞いてあげよう」などと考えてきたんですね。一つ一つの看護がうまくいきますと、人間はすごいなあと思います。人が人を変えられると実感すれば、ますます人を好きになるんですね。
看護師を続けてきた理由
 独身の頃、結婚した頃、3人の子どもを出産し、育てていた頃、そして今と看護観は人生の局面に応じて変わっていきました。患者さんが病に出遭ってしまったとき、看護師という職業は本当に必要とされます。感謝されたときに、本当に看護師になってよかったと思うんですね。やればやるほど楽しい、私の天職です。そして管理職にもさせていただけたし、教育も担当できました。教育で、自分の理想の看護師を育てていけるのは遣り甲斐がありますし、「部長のようになりたい」と思ってもらえるように頑張っています。育てることは楽しいことです。苦しさが楽しさになると、感動します。「若い人とのコミュニケーションは難しい」と言う人もいますが、決してそんなことはありません。「あなたが大事」と言ってあげると、皆、職場のことを好きになりますよ。そして仕事も頑張るようになります。人間を相手にする職業だからこそ、いくらでも可能性を広げられる素晴らしさがあるのではないでしょうか。
自身の看護観
 患者さんが入院しておられる間、自然治癒力を引き出せるような看護が不可欠です。患者さんが家で生活をすること、仕事に行けることの間には大きな違いがあり、そういった違いを知るためには広く、深い学びが必要です。そこで本当の意味での専門職種となりえるのだと思います。患者さんの人生に対して、何かのお手伝いをしていきたいですね。
今後の展望
 この病院に来て2年が経ち、教育の基礎ができ、中間管理職が育ちつつあると実感しています。7:1看護基準を取得し、ICUを6床に増床したほか、社会医療法人として救急に特化してきました。お蔭様でずっと満床が続いています。今後は医師を中心としたチーム医療体制を看護部として強化していきたいと考えています。また看護師という垣根を越えて、事務スタッフやほかのコメディカルとの連携も強めていきたいですね。健全なる経営で、質の高い医療を常に求めていかなくてはいけません。そのためにも職員のボーナスや有休もきちんと支給し、皆で力を合わせていける病院にしていきたいですね。既に私どもには24時間の院内保育所があり、大勢のママさんナースが活躍しています。そういった職場環境をさらに整備していくことも重要だと思っています。
看護師として働く方へのメッセージ
 自分を好きになってほしいですね。そうすると自分に自信が持てます。自信を持てれば、患者さんに求められる看護を提供できます。どんな嫌な性格の患者さんでも、心を読み取ることができるようになるのです。そして患者さんから見たら、白衣の天使だということを忘れないでほしいですね。
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ