看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第38回 〜宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション 淀川キリスト教病院〜


(福田峰子 看護部長)
看護師を目指したきっかけ
 絵が好きなので、美大に憧れたこともありましたが、将来のことを考えると不安ではありました。そして、いよいよ進路を決める頃に、家庭科の先生のご主人が急に亡くなられたんです。そのときに「女性が手に職を持つ」ということの大切さを実感しました。ちょうどクラスメートが看護学校を受験すると言うので、私も「こういう仕事もあるんだな」と認識し、将来、家族のケアに役立つと思って、看護学校を受験することにしました。看護学校での看護学の勉強は楽しかったですね。実習が始まると、患者さんに接して、看護する喜びや楽しさを感じました。看護学を学ぶ中で、実習を通して段階的に看護師になろうと思っていったような気がします。
看護師を続けてきた理由
 辛いと思ったことがないんですよ(笑)。皆にびっくりされますが、私は生まれ変わっても看護師になりたいですね。以前、経営学を学ぼうとビジネススクールに通ったことがあり、大企業に勤める方や起業家の方に交じり、幅広い視野から看護について見つめ直しました。そこで、サービス業の方は付加価値を付けることに苦心されますが、看護はそういった付加価値を付けるよりも人間の生存の危機に直面する仕事だと気付きました。こんな楽しい仕事はないと思ったんです。患者さんとの相互関係の中で、健康状態や心のケアを通して得られる喜びは遣り甲斐ですね。
淀川キリスト教病院の看護師教育の特徴
 病院の理念であるTender Loving Careを実践できる看護師を育てることが目的です。温かな人間関係の中で、それぞれの特徴を伸ばし、やりたいこと、好きなことを応援しています。看護に熱い気持ちのある看護師が多く、患者さんのことを真剣に考え、知識レベルを上げていこうとしていますね。専門看護師や認定看護師にしても、「やりたい」と手を上げるスタッフが多く、頼もしいです。現在、地域看護専門看護師1人、がん看護専門看護師1人、集中ケア認定看護師1人、新生児集中ケア認定看護師1 人、皮膚・排泄ケア認定看護師1人、がん化学療法看護認定看護師1人、緩和ケア認定看護師2人、小児救急看護認定看護師1人、感染管理認定看護師1人、訪問看護認定看護師1人、摂食・嚥下障害認定看護師1人が在籍しています。
 実践能力向上コースでは、こういったスペシャリストが講師を務める機会が多く、レベルの高い専門的な知識を学べますし、彼女たちは若い看護師にとっては将来をイメージできるロールモデルとなっています。専門看護師、認定看護師は病棟フリーですが、全くの専従もいますし、形態は様々です。しかし、現場に行き、スタッフにスーパーバイズをして、そして現場でジェネラリストが目の前の患者さんのケアを実践するという、良い役割分担になっています。
自身の看護観
 身体と心と魂は一体です。魂のケアに関しても、主体は患者さんであり、人間に対する価値観を尊重し、その人らしさを大事にした看護を行わないといけません。心が病んでしまって、身体を病んだり、あるいはその逆だったりと、身体と心は密接につながっており、身体だけを治せばよいということではありません。一方で、患者さんから勇気をいただくこともあります。ケアしているようで、ケアされているんですね。そうした人間と人間のつながりをいつも意識しています。
今後の展望
 最近、特定看護師という言葉も聞かれるなど、看護師の役割も拡大しようとしています。したがって、単に診療補助ではなく、誇りを持って、エビデンスに基づいて考えて判断できる看護師を育てたいと思っています。私どもの看護部は98%が女性で、日本の看護界でも96%が女性です。また、私どもの専門看護師、認定看護師は全看護師550人中の13人と、2%に過ぎません。患者さんも多様ですので、これからは看護師も男性、女性関係なく、柔軟に働ける職場、様々な雇用形態を選べる職場を創出したいですね。今後はダイバーシティが進み、多様な価値観を持った人たちが存在する看護部になっていくでしょう。そして看護師が親として、子として、伴侶として、様々な役割を総合的に担える一人の人間としての幸せを感じられるように配慮していきたいです。専門職を全うするのではなく、素晴らしい人間力を身に付けた看護師になってほしいんですね。そのためには、看護師の価値観を大切に、やりたいことを応援し、柔軟で活発な職場にしていきたいです。
看護師として働く方へのメッセージ
 看護師の仕事の素晴らしさを知るには最低5年はかかります。楽しく、醍醐味のある仕事ですので、是非、続けてほしいですね。一人の人間としてのやりたいことがあれば応援しますので、ご自分の人生を大切にしてください。介護や子育て、勉強など、全面的にサポートします。患者さんの擁護者になるのは看護師しかできない仕事です。誇りを持って、レベルを上げ、価値創造していきましょう。日々の仕事の中に価値を見い出し、第一線から患者さんのためになることを病院に向けて積極的に提言してほしいですね。一緒に頑張りましょう。
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 宗教法人 在日本南プレスビテリアンミッション 淀川キリスト教病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ