看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第38回 〜宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション 淀川キリスト教病院〜

先輩ナースによるリアルトーク
平石 千佳

八木 ひとみ

新人研修を振り返って、いかがですか。
平石一通りデモンストレーションがあったあと、実地に入ったのですが、最初はすごい緊張感がありました。でも、先輩がずっと見てくれて、的確なアドバイスをくださったので、安心感がありました。練習も落ち着いてできるようになりました。技術よりも感染などの知識面に力を入れられており、学生のときに分からなかったことも分かるようになりました。良い研修を受けられたお蔭で、今、充実しています。

八木学生の頃と違って、臨床の場で本格的に働くための技術を学べました。徐々にステップアップしていったので、働いていることをリアルに実感できましたね。習ったことが次の日に現場ででき、スキルとなって仕事に生かされる研修だと思います。
淀川キリスト教病院に入職を決めた理由をお聞かせください。
平石クリスチャンですので、もともと興味を持っていた病院でした。看護学校で仲の良かった先輩も働いていて、先輩から「看護に力を入れているいい病院で、温かい看護をして、Tender Loving Careの理念を大切にしている」と聞き、入職したいと思うようになりました。

八木4年生になる前の春休みに、大学の友人に誘われ、インターンシップに参加したことがきっかけです。それまで実習に行っていた病院とは違って、スタッフの雰囲気に惹かれました。アットホームで、温かく、患者さんに対してきちんと向き合っている姿を見て、こういう病院で働きたいんだと思いました。阪急沿線で通いやすいという点も良かったです(笑)。
実際に入職してみて、当初のイメージ通りでしたか。
平石病院はイメージ通りですが、イメージ通りに働けている自分でありたいと思っています(笑)。患者さんのルートをとるときに、患者さんからじっと見られると、大変だなと感じますが、色々な場面で「ありがとう」と言われると、遣り甲斐が感じられます。

八木人間関係が良いところなど、イメージ通りですね。患者さんに対してより良い看護をしようというスタッフの中で、私自身もスタッフの一員として馴染めていなかったら、仕事に来るのも億劫になってしまうと思うんです。でも、人間に困ることなく、仕事ができていますので、入職してよかったと実感しています。
現在のお仕事の内容を教えてください。
平石脳神経外科、婦人科、泌尿器科、形成外科の混合病棟で働いています。チームに分かれており、私はAチームに所属しています。Aチームは脳神経外科以外の患者さんを担当しますので、コミュニケーションの取れる患者さんへの看護が中心です。形成外科では傷の処置もありますし、Aチームでも決まった時間には脳神経外科の患者さんのおむつ交換、口腔ケア、体位変換などを行っています。オペ出しも多いですし、入院患者さんを迎える仕事もあります。

八木実習のときに消化器科に行くことが多かったので、この病院に入職するときも消化器系を希望して、希望通りに配属されました。消化器内科病棟も2つのチームに分かれています。ADLが自立している患者さんを担当するチームと排泄や食事に介助な必要な患者さんを担当するチームで、私は後者のチームの一員です。 ADLが自立している患者さんのチームは検査も多いのですが、介助が必要な患者さんのチームは検査は少ないです。でも、2時間ごとのトイレの確認や車椅子に移乗など、体力的にはきついですね。
病棟の雰囲気はいかがですか。
平石先輩の中には厳しい人もいらっしゃいますが、理由があって厳しくしてくださっているわけだし、その理由も私ができないところがあるからなんですね。厳しさの中にも優しさを感じますし、頑張ろうと思えます。

八木せわしなく、ばたばたしていることが多く、残業も少なくありません。患者さんの今後を決めるためのカンファレンス、ご家族の方との面談などで看護記録を書く機会も多いです。先輩方は患者さん第一に考え、皆さん、優しいですね。8月に入って、「独り立ち」したのですが、それでもできないことはフォローしてくださっています。4、5月はできないことだらけでしたが、一つ一つ丁寧に指導してくださり、実習のときとは違うなと思いました。少しずつですが、ステップアップしてきた気がします。
辛いことはどんなことでしょうか。
平石技術不足、知識不足で失敗して、患者さんに迷惑をかけてしまうことがあったときは辛かったですね。プリセプターは3年目の方なんですが、同じ寮に住んでいるので、そんなときは先輩のお部屋で反省会をしています。慰めてくださることはもちろんですが、今回はどこが悪かったのか、次はどうすべきかなど前向きな話をしてくださいます。

八木実習で行った病院と患者さんの層が違っていて、生活保護を受けていらっしゃる方からの相談などを初めて受けました。まだ1年目なので、退院調整などの介入は先輩がしているのですが、そのサポートなどは難しいですね。
平石さんは寮に住んでいるんですね。
平石自転車で5分の場所の寮に住んでいます。広めのワンルームマンションで快適ですね。同期の人もいますし、寮のメンバーとは月に1回、食事会をしています。病棟が違えば、している処置なども違いますし、違う病棟の人と話すのは勉強になります。
後はどのような看護師を目指されますか。
平石妹が養護学校に通っており、弟も中学のときから車椅子で生活しています。そのため、そういう子どもたちの看護に興味があるので、将来は重度心身障害者のための施設で働きたいと思っています。まずは、この病院で色々なことにチャレンジさせていただいて、豊富な研修を受けながら、先輩方のように知識を増やしていきたいです。

八木たまに長く入院される患者さんもいらっしゃいますが、最近は平均在院日数も短く、1日で退院される患者さんも少なくありません。一期一会と言いますが、患者さんとの一つ一つの出会いを大事にしていきたいです。患者さんの人生に関わらせてもらっているのですから、看護師としてというだけでなく、人と人としての関わりの中で看護させていただけたらと思っています。
メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 宗教法人 在日本南プレスビテリアンミッション 淀川キリスト教病院
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ