看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第57回 〜青梅市立総合病院〜

先輩ナースによるリアルトーク


新人
宮城 賀奈子

林 香織


青梅市立総合病院に入職を決めた理由をお聞かせください。

宮城:家から通えることと西多摩地区で唯一の三次救急病院であることに惹かれました。二次救急よりも三次救急の病院で高度医療を学びたかったし、1歳からこの近くに住んでいますので、地域の方々の医療に貢献したかったんです。看護学校の実習で当院の呼吸器内科、脳神経外科、リウマチ膠原病内科、産婦人科、精神科、消化器内科を回ったのですが、「どうしてこうしたの」、「この患者さんに必要なことは何だと思う」、「在宅に帰すためには何が必要かな」などと質問され、考えさせられる実習ができました。地元の患者さんが多いですし、常に患者さんのことを考えた、地域に密着した大病院なんですね。一方で、山からヘリコプターで運ばれる患者さんや他院から転院してくる患者さんも多いです。また、がん拠点病院でもあるので、がんの患者さんが多く、勉強になると思いました。

林:青梅市出身ですので、小さい頃から知っていた病院でした。高校生の頃、年上の友達が当院で出産して、「助産師さんが優しかった」と言っていたのを聞き、私も助産師に憧れました。そこで、助産師課程がある杏林大学を選び、大学4年生のときに助産師課程を専攻して、当院に実習に来ました。実習では先生方からも本当に親切に教えていただきました。スタッフも、雰囲気もいい病院だと思いましたし、医師と看護師も垣根が低くて、いい関係性を築けていると感じました。実際に入職してみると、医師に話しかけにくいということもないですし、先輩方は新人助産師にも丁寧で、できているところはできていると評価してくださいます。夜勤のときには振り返りもあり、時間を割いて学ばせていただいています。これから後輩ができますが、私もそういう指導を心がけていきたいです。

現在の仕事の内容を教えてください。

宮城:1日4人から6人の患者さんの日常援助が中心です。内服や点滴などの業務のほか、在宅に帰られる患者さんがいらっしゃれば、ご家族と話をしないといけません。緩和ケアの患者さんと話すこともありますが、まだ新人ですので、深い関与はできないですね。

林:産科病棟で産科の患者さんや未熟児室の新生児を看るほか、分娩も担当しています。入院の患者さんは褥婦さんや切迫早産の妊婦さんもいらっしゃいます。分娩室での仕事は1月から担当していますが、助産師ならではですね。最初は1日1人程度で少し寂しかったのですが、今日は忙しかったです。先輩方に助けていただきながら乗り切りました。

お仕事のどんなところに遣り甲斐を感じますか。

宮城:患者さんに「ありがとう」とか、「あなたに話せてよかった」と言われると、辛くても遣り甲斐を感じます。病状が悪くなる患者さんもいらっしゃいますが、良くなる患者さんもいらっしゃいますので、退院されると、嬉しくなりますね。

林:お母さんがふうふう言っているときからずっと一緒にいますので、無事に赤ちゃんが出てきて、お母さんの喜んだ顔をまず見て、次にご家族の方々を見ると、良かったなと心から思います。切迫早産の患者さんは元気なのに入院しなくてはならず、とても辛そうなので、入院中は必ず支援しようと思っています。そんな患者さんから赤ちゃんが産まれると、特に嬉しいですね。分娩は新人が主に担当し、不安な部分は先輩方が助けてくれますが、お母さんへの言葉がけ一つで否定的に捉えられることもあり、気を付けています。

病棟の雰囲気はいかがですか。

宮城:平均年齢が高めなので、ベテランの先輩方が多く、皆さん、優しいですね。やりにくいことも特になく、むしろ頼りになるという感じです。経験豊富な先輩方ですので、私が辛いときには「大丈夫」と声をかけてくださり、恵まれていると思っています。

林:先輩方は優しいですよ。ただ、命を預かる仕事なので、私がおろそかにしてしまったところは厳しく指導されます。でも、厳しい指導を受けながらも、新人の私のことを考えてくださっているんだなあと有り難く噛み締めています。

新人教育については、いかがでしたか。

宮城:最初の1週間で、点滴や麻薬の使い方などの必要最低限のことを学びます。病棟に配属後はプリセプターさんが引き継ぎ、採血などを習いました。引き継ぎの際、プリセプターさんに私がどれだけのことができるのかという情報も渡っているんですね。中央での新人教育と病棟が連動しているのが特徴だと思います。ほかの病院では「看護師なんだからやってよ」と言われ、困ったという話も聞きます。当院の研修は少しずつ進んでいきますので、1カ月は何も触らせてもらえません。他院に行った友達の話を聞くと、最初は焦ってしまったのですが、今は分からないままやるより良かったと思いますね。

林:色々な視点から色々なケアを共有しています。共有することで、「ほかの病棟ではこんなことをするんだな」など、知らないことを学べます。ラダーシステムは全部を把握しているわけではないのですが、達成目標が分かりやすいのがいいですね。最初は夜勤もないのですが、徐々に経験していきます。

プリセプター制度はどのように機能していますか。

宮城:新人3、4人に対し、3人のプリセプターさんがいます。病棟に必ずプリセプターさんがいらっしゃるので、誰に聞いたらいいのか分からないということがありません。5月ぐらいまではプリセプターさんは自分の業務からは離れ、新人の教育に専念しています。常に一緒に仕事ができるので、安心ですね。

林:既卒4人、私を含めて全くの新人2人の6人に対して、3人のプリセプターさんがいます。2人は助産師、1人が看護師です。マンツーマンではないし、いつも一緒の勤務になることはないのですが、「最近、どう」などと聞いてくれますよ。カジュアルな感じで相談に乗ってくださり、アドバイスをいただいています。

どんなことが勉強になっていますか。

宮城:呼吸器内科病棟ですので、肺炎、肺がん、呼吸困難の患者さんが中心ですが、急性期、慢性期、終末期と幅広いケアが学べることでしょうか。急性期は一般的な人工呼吸器や非侵襲のBiBAPの患者さんのケアが学べますし、突然、呼吸困難になった患者さんへの対応、その後の医師への伝え方なども教わっています。
林:日々、勉強ですね。学んだこと、次はこうしたいと思うことを活かしていきたいです。分娩に関しては報告、連絡、相談の「ほうれんそう」が大切です。妊婦さんが多いと大変ですが、どうやって赤ちゃんを出すのか、どうしたら出しやすくなるのかといった手技も含めて、勉強しています。

福利厚生面でのメリットを教えてください。

宮城:忙しい病院ですので、有休も多くいただけるわけではありませんが、休み希望は必ず聞いてくださいますので、家族の用事などは優先できます。師長さんが「皆さん、どうぞ」と言ってくださっているので、助け合っています。主婦の方も多いですし、子どもさんの話で盛り上がっていますね(笑)。夜勤や準夜勤の場合は専用の駐車場を無料で使うこともできますよ。

林:休み希望を出していなくても連休になっていることも多く、休めていると思います。働きやすい病院ですよ。忘年会や送別会は盛り上がりますね(笑)。院内旅行ではディズニーシーなどにお安く行くことができます。

将来の目標をお聞かせください。

宮城:三次救急の病院に勤めているので、技術や知識を得たうえで、ICUや急患室で働いて、瞬時の判断をしてみたいです。方向性は未定ですが、認定看護師にもチャレンジしたいと思っています。

林:2年目になると新人とは言っていられなくなるので、患者さんからもスタッフからも信頼される助産師になりたいです。先輩方の接し方を見ながら、自分のスタイルを模索しているところですが、患者さんに嫌な思いをしていただかないことが目標です。患者さんの心を和ませられる助産師になれればと思っています。

青梅市立総合病院に入職を考えている看護師さんや看護学生にメッセージをお願いします。

宮城:優しい先輩が多く、教育体制が整っている病院です。二交代、三交代が選べる病棟もありますし、そういう病棟では二交代、三交代を途中で変えることもできますので、どちらも選べる点がいいと思います。先日、私が駐車場まで歩いていると、先輩が「辛くない」と聞いてくれて、自転車を降り、駐車場まで一緒に歩いてくれました。辞めたいと言っている友達もいないですし、疲れていても頑張れる、働いていて楽しい病院です。

林:人間関係がとても良く、働きやすい病院ですし、青梅市の皆さんに頼りにされている病院だとも思います。新人教育もきちんと受けられますし、既卒の方、ブランクのあった方、看護師ではあったけれど助産師は初めての方など、色々な方がいますので、大丈夫です。是非、一緒に働きましょう。

認定看護師
小松 あずさ


青梅市立総合病院へ入職を決めた理由をお聞かせください。

山形の高校を卒業して、慈恵看護専門学校に進学し、そのまま慈恵医大の病院に勤務していたのですが、ちょうど父の転勤があり、実家が青梅に移ってきたのです。そこで、転職にあたっては実家の近くの病院にしようと思いました。青梅市立総合病院は地域のがん拠点病院ですし、これまでの経験を活かして、地域のがん患者さんに貢献をしたかったのが理由です。

認定看護師を目指そうと思ったきっかけはどんなことだったのですか。

看護師になり、消化器内科などの混合内科、泌尿器科と心臓外科の混合病棟、呼吸器内科と循環器内科の混合病棟で働いてきたので、消化器、泌尿器、呼吸器のターミナル期の患者さんに多く接してきました。看護師になって10年目になった頃、もっと知識や技術を持って患者さんに接していきたいと思ったのがきっかけです。がんのケアについての学びを深めたかったですし、認定看護師を目指すなら分野は緩和ケアでと考えていました。

認定看護師になるための研修や実習はいかがでしたか。

東京都清瀬市にある看護協会の研修学校に行きましたが、授業ごとのレポートが大変でした。週末は特に忙しかったですね。確かに学びは大変なのですが、自分に向き合う時間が増えるのは貴重で、逆に辛い面もありました。患者さんとも向き合い、自分にも向き合う日々でしたね。
実習は埼玉県立がんセンターで行いました。これまで一般病棟の経験しかなかったので、緩和ケア病棟に初めて行き、環境が整っていたことに驚きました。スタッフの患者さんへの接し方がその場その場を大切にしていて、「ちょっと待ってね」と言うことがないんですね。私もその場その場で患者さんと話せる時間を大事にして、患者さんが語りたいときに寄り添えるような看護師でいたいと思いました。
看護師だけでなく、医師はもちろん、ボランティアの人たちや患者さんのご家族など、様々な職種の人たちが関わっていることの大切さも改めて感じました。ボランティアの人たちが催しものをしたり、傾聴ボランティアの人がいらしたり、栄養課のスタッフが蕎麦屋さんの格好をして、お蕎麦を配ったこともありましたよ。

認定看護師になるために何が必要だと思いますか。

バランスの取れた人が向いているでしょう。患者さんに接するだけではなく、ほかの看護師、医師や管理部門のスタッフとも交渉することが多いので、物事を偏らず、色々な方向から考えられ、柔軟性のある人がいいですね。

現在のお仕事内容をお聞かせください。

呼吸器内科病棟でスタッフとして勤務しながら、ケアの実践をしています。認定看護師としての仕事としてはリンパ浮腫外来があります。「医療リンパドレナージセラピスト」という資格を取ったので、週に1日の午後に行っています。これまでリンパ浮腫の患者さんは発症してもケアを受ける場所が少ないので、困っていらっしゃったんですね。今は「ケアしてもらえる場所ができて、嬉しい」とおっしゃるので、私も嬉しいです。

お仕事で、どんなことが遣り甲斐になっていますか。

リンパ浮腫外来では、治る、治らないという面はありますが、ケアをした分だけ結果が出ると実感できることでしょうか。単なる腕のケアに留まらず、がんを抱えながら生活している患者さんのサポートをしていけることは私が仕事をしている意味なのではないかと思っています。

苦労していることはありますか。

病棟に配属しながら認定看護師としての仕事をしていますので、病棟の勤務との兼ね合いがあることでしょうか。もっと時間がほしいですね(笑)。リンパ浮腫外来の枠も増やしていただきたいです。

緩和ケア認定看護師がいることで、青梅市立総合病院がどう変わったと感じますか。

当院は私のほか、がん看護専門看護師、がん化学療法看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、感染管理認定看護師、救急看護認定看護師、訪問看護認定看護師がいますので、かなり充実していると思います。
私の分野で言えば、肺がんの化学療法の患者さんのケアが挙げられます。当院は肺がんで化学療法を受けている患者さんが多いのですが、入院の際には様々な思いがありますし、入退院を繰り返しながら治療しておくことは大変です。病気に対する思いを受け止め、患者さんが毎日、何を思って、これからどんなふうに生活していきたいのかなど、患者さんをできるだけ知るようにしています。患者さんが病気と一緒に生活する力を持ってほしいと願いながら関わっていますね。痛みのある患者さんには痛みのアセスメントも取っています。後輩が読んでくれたらいいなと思いながら、看護記録を意識的に書いています。

今後の目標をお聞かせください。

緩和ケアは広いです。これからも、がんとともに生きている方々の支援に力を入れていきたいですね。リンパ浮腫の患者さんも多いので、私の持っている専門的な知識や技術を活かしながら、潜在的な患者さんを拾い上げてサポートしていきたいです。そのためには私一人ではなく、一緒にケアに携わってくれる仲間の存在が不可欠なので、皆で頑張っていけるような体制が構築できたらと思っています。

認定看護師を目指す看護師へメッセージをお願いします。

緩和ケアは看護の原点です。患者さんと向き合う中で勇気が持てるようになったのは私の一番の収穫でした。患者さん一人一人を大切にした看護をしていきたい、そういうケアを目指したい方と一緒に頑張っていきたいです。
認定看護師はなりたくてなれるものではありません。あくまでも病院のニーズがあってなれるものですから、チャンスを掴むのは難しいかもしれません。病院のニーズが何かを考えながら、組織の中で働くことの大切さを忘れないでいてほしいです。

専門看護師
飯尾 友華子


青梅市立総合病院へ入職を決めた理由をお聞かせください。

これまで多くのがんの患者さんに接していくなかで、もっと深くがん看護を学びたいと思うようになりました。地域のがん拠点病院で働きたいと考えていた時に、青梅市立総合病院は看護スタッフの教育に力を入れているということを聞いて決めました。

大学では何を専攻されたのですか。

経営学です。看護師になって10年目になり、看護業務はできるようになっていたし、病院の中の組織も見え始めてきましたが、病院全体の組織としての動きや医療界の特殊性について学びたいと思いました。医療と離れた勉強をすることで、自分の立場を明確にしたかったという狙いもあります。経営学部で主に組織論を学びましたが、とても貴重な経験でしたね。同級生には一般企業のOLさん、サラリーマンのほか、カメラマンやデザイナーなど、専門性を極めた人たちが独立を考えて経営を学びに来ている人たちもいました。彼らの姿を見て、自分がどんな専門性を持つべきか、導かれたような気がします。幅のある人間関係の中で過ごせたことは看護の中で患者さんを理解するうえで役に立っています。

専門看護師の分野の中でがん看護を選ばれた理由をお聞かせください。

がん患者さんが増えてきていることと、実際に看護している中で奥が深いと感じているからです。告知を受け、手術をし、そこで治れば問題ありませんが、再発したり、治らないときにケアをしなくてはいけません。ターミナル期は看護師としてやるべき仕事が多く、幅が広くて遣り甲斐のある分野ですね。

大学院での勉強はいかがですか。

病院で全面的な支援をいただいているので、同級生の中で最も恵まれた環境で学べることをとても感謝しています。大学院での授業は就業時間内の扱いですし、半日は働いては、半日は学校という日もあります。同級生からは羨ましがられていますね(笑)。大学院に進学するにあたり、仕事を辞めてしまう人もいますが、辞めてしまうと実践の場がなくなりますので、そこが用意されていることが有り難いです。大学院は平日に週2回の夕方から、土曜日は全日、授業があります。私はがん看護専門看護師のコースに所属していますので、現場とリンクさせながら勉強を進めています。
武蔵野大学にはがん看護の専門看護師であるCNSコースの立ち上げで中心になられた教授もいらっしゃり、講師陣は素晴らしいです。勉強は大変ですが、魅力があり、面白いですね。

専門看護師になるために何が必要だと思いますか。

信念でしょうか。何のために専門看護師を目指すのか、軸がきちんとしていないと、忙しくなったときに目標がブレてしまいがちですので、目標を持って頑張れる人が向いていますね。

青梅市立総合病院には既に2人のがん看護専門看護師がいらっしゃいますね。

まだ一緒に仕事をしていないのですが、お話をさせていただく機会はあります。私はどうしても視点が狭くなるのですが、2人の先輩は広い視点で問題を考えていらっしゃるので、私もそうなりたいですね。緩和ケアでは痛みのコントロールが非常に重要ですが、緩和ケアチームに入っている一人は専門看護師として痛みのコントロールに力を発揮しています。その姿がとても素敵なんですよ。専門看護師ができる仕事は多様にありますので、私も早く一緒に活動したいですね。

現在のお仕事内容をお聞かせください。

外科病棟で、周手術期の看護がメインです。消化器、乳腺、血管、呼吸器の患者さんのほか、もともと外科の医師の患者さんで、ターミナル期に移行した方々も看ています。

お仕事のどんなところに遣り甲斐を感じますか。

手術がうまくいって、順調に退院される患者さんを見ると、心置きなく、身も心も楽になりますね。また、ターミナルの患者さんが苦しまないように、色々なケアをしながら、最後にお見送りをしたときに、ご家族の方が私たちのケアに満足していたという表情をなさったときや私たちへの感謝の気持ちを感じたときも遣り甲斐を感じます。また、苦しんでいた患者さんが苦しまなくなったり、在宅に戻ったり、外出、外泊などができたりしたときも喜びがあります。

苦労していることはありますか。

外科病棟ですので、周手術期の患者さんもターミナル期の患者さんもいらして、業務量が多いので大変です。手術後の患者さんの順調な回復を考えつつ、ターミナルの患者さんのケアをするのはハードですが、うまくできると、ある意味で嬉しいですね。

飯尾さんが専門看護師になれたら、青梅市立総合病院の看護はどう変わるでしょうか。

現在、既に2人のがん看護専門看護師がいますので、私が3人目になります。今後、がん拠点病院として、地域の皆さんに啓蒙活動をより一層、行っていけるのではないでしょうか。院内でも、がん患者さんに対するケアの質が向上すると思います。がん患者さんを取り巻く環境は、金銭面にしろ、ご家族との関係にしろ、とても複雑なので、専門看護師が積極的に介入することで、ほかのスタッフの負担を軽くしたいですね。3人いれば、病棟中をラウンドできるだけでなく、外来にも入っていけます。病棟では病棟の看護師もケアしていますが、外来では看護師も手一杯ですし、医師も患者さんと話す時間がそこまであるわけではないので、外来に専門看護師が入ることは意味があるでしょう。

今後の目標をお聞かせください。

患者さんやご家族から信頼される看護師になりたいです。患者さんやご家族が辛いときに、「何か話してみよう」、「そばに行ってみよう」と思われる看護師が理想ですね。そして、ほかの看護師が専門看護師になりたいと思ってもらえるような専門看護師でもありたいです。

専門看護師を目指す看護師へメッセージをお願いします。

専門看護師には必ずなれますので、夢を持ってほしいです。

メニューへ戻る
TOP > Hospital info > 髱呈「蟶らォ狗キ丞粋逞髯「
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ