看護師の転職、看護師として楽しく働き続けることを応援しています。

看護師の転職はeナース-mobile
Hospital Info

Hospital Info

Hospital Info
第8回 〜医療法人社団 陽和会 武蔵野陽和会病院〜

 JR三鷹駅からバスで約5分、武蔵野陽和会病院は桜並木が連なる道に面している。2006年5月に新築された、正面がガラス張りのスタイリッシュな建物だ。それまでは現地から100mほどのところに西窪病院として45年の歴史を誇ってきたが、新築を機に病院名を改称した。さらに医療法人社団陽和会には、介護老人保健施設ハウスグリーンパーク訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、透析や皮膚科・眼科・訪問診療を行うさくら並木クリニックを擁し、急性期から回復期、さらに在宅看護までと地域の医療・看護・介護を一貫して担っている。
 この病院は1階が外来、2階が急性期病棟、3階が回復期病棟となっており、70名の看護師が勤務しているが、看護部を統括する看護部長の宝田忠子さんに看護の現状について伺った。
e-nurse HOSPITAL INFO

◆宝田 忠子 看護部長 プロフィール
e-nurse HOSPITAL INFO
1977年宮城県立古川女子高等学校を卒業後、東京女子医科大学附属看護専門学校進学、同校を卒業後産婦人科病棟に勤務する。結婚により退職し、その後居住する川越市の帯津三敬病院に勤務し、看護専任教員の資格を取得し、医師会立の看護専門学校の教員を経て、川越市の南古谷病院に外科病棟婦長として勤務する。
2002年、西窪病院内科病棟看護師長として勤務し、副看護部長兼務を経て2005年4月、看護部長に就任する。2006年に武蔵野陽和会病院に変わった後も看護部長として現在に至る。

<看護の理念>
 この病院での、看護部の理念をお聞かせ下さい。
e-nurse HOSPITAL INFO
宝田:
人と人との関わりを大切に心のこもった看護の提供を目指し「PHK」を掲げています。
「PHK」とはPeople「人と人」、Harmony「協調」、Kind「やさしさ」の頭文字を取ったものです。
これは、それぞれの病棟師長と相談して決めたもので、人と人との関わりは患者さんだけでなく、働くスタッフも含まれます。人との関わりを大切にし他職種と協力して心のこもった看護を提供できればとの思いからきています。

<教育制度>
 中途入職者に対する教育はどのようにしていますか。
宝田:
中途採用者のみなさんは、それぞれキャリアが違いますので、その人にあった方法で、担当者を決めてマンツーマンで指導します。ブランクのある人は実技が一番不安に感じるので、まずは全てにサポートがつき、師長がチェックリスト・面談をして「これなら安心にして任せられる」と判断できるところまでは確認し、本人と相談し計画しながら一人立ちさせます。
こうしたことは、個人個人で全く違うのでその人によって担当者も考えサポートします。
 研修や勉強会などはそのように行っていますか。
宝田:
当法人では、各施設に教育委員会が組織されていて、毎月様々な勉強会を行っています。施設ごとのものもありますし、法人全体のものもあり、毎年2月に年間スケジュールを立てて行っています。
勉強会は院内のもの、外部講師を招いてのもの、また外部の研修への派遣もあります。これらは入職時から行っており、看護師だけでなく介護士も同じように受けることができます。内容はこの病院や法人が地域の健康を急性期から回復期、在宅とトータルして守っていくという役割を持っていることから、リハビリにも力をいれています。
また当院には歯科衛生士もおり、口腔ケアの勉強会なども行っています。
日赤との人事交流も行っていて、日赤に救急救命の研修に行ったり、こちらでは回復期病棟や老健施設での研修を受け入れたり、お互いに自分の病院では経験できないところでの研修を行っています。
当院は看護師が70名ぐらいしかいませんので、院外の研修に貴重な人材を出す事は看護基準を満たす上で大変なのですが、このような他の施設に研修に行くことは、新たな気づきとリフレッシュ研修としても必要だと考えます。
 研修のポイント制があるということですが。
宝田:
研修に参加し、教育委員会にレポートを提出すると、ポイントが得られるようになっています。ポイントはそれぞれが目標やモチベーションを上げるために導入しました。より上を目指して学ぶ機会を作っていくことは大切だと考えています。
 認定看護師の取得についてはいかがですか。
宝田:
まだ当院から取得者は出ていないのですが、バックアップする体制はあります。
看護協会の認定看護師ではありませんが、回復期リハビリテーション学会の専門ナースの講習(2年制)の第1期生に1名派遣し、専門ナースを取得する予定です。また、今年度は認定看護管理者ファーストレベルに2名出し、管理職も育てていこうと考えています。
看護師の人は基本的に勉強好きな人が多いですから、積極的に勉強して、より優秀な看護師となって病院に戻ってきてもらいたいと思っています。

<福利厚生>
 看護師の福利厚生はどのようになっていますか。
宝田:
看護師にとって、子育て期間中、家族と仕事の両立はなかなか大変です。当院では24時間の保育室があって、安心して勤務できるようサポートし多くの人が利用しています。また子どもが小さいうちは勤務時間の短縮も行っています。
その他住宅についても、5万円を上限に家賃の半額を補助していますし、遠方からの就職希望者には引っ越し費用の援助も行っています。
進学や勉強をしたいという人には学費援助や奨学金制度もあります。今年度もケアワーカーが看護師資格取得のため看護学校に進学予定です。目標を持って頑張れる人には、病院がバックアップしています。

<スタッフの連携>
 看護師以外の医療スタッフとの連携は、どのように行っていますか。
e-nurse HOSPITAL INFO
宝田:
当院では急性期から回復期、在宅まで一貫して地域医療を担っていくことを目標としており、スタッフ間の連携は非常に円滑に行われていると思います。
病棟での朝のミーティングでもリハビリのセラピスト、医師、看護師、MSW(医療ソーシャルワーカー)、管理栄養士等他職種が一緒に行い、医療スタッフ全員で関わっていく体制をとっています。

<今後の展望>
 これからやっていきたいことはありますか。
宝田:
2006年に病院が移転し、回復期を中心とした地域医療を担う病院として位置づけが明確になったところです。これからはその質の向上に力を入れていきたいと考えています。
今後は急性期から在宅まで法人内で継続した医療・看護・介護が提供できるようにしたいと思います。

<若い看護師へ>
 看護師として仕事をしていこうと考えている人たちへのメッセージをお願いします。
宝田:
看護師には知識や技術はもちろん必要ですが、最後は人が好きかどうかということだと思います。人が好き、自分が好き、友達が好きといえる人なら、きっと看護師という仕事を楽しく感じ、やりがいも持てると思います。
私は看護師という仕事が大好きで、臨床が一番楽しいかもしれませんね。
また私自身看護部長として年1回全看護師との面接を行っています。目標管理という大きな目的よりも、個人的な悩みを聞いたり相談事はないか尋ねたり、現場の師長とは違った立場で看護師のみんなと話をしています。
このような規模の病院だと現場のスタッフとのつながりを持ちやすいと同時に、大病院のように仕事が限定されずに多くの仕事が経験出来ると思います。
ぜひ一緒に看護師というやりがいのある仕事をやっていきませんか。

<病院概要>
名称
医療法人社団 陽和会 武蔵野陽和会病院
住所
〒180-0012 東京都武蔵野市緑町2-1-33
電話
0422-52-3212
FAX
0422-52-3237
病床数
103床(一般:53床 回復期リハビリテーション:50床)
診療科目
内科、消化器科、外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、腎内科(透析)、リハビリ科
開設
2006年

<アクセス補足>

● JR 中央線/総武線/地下鉄東西線 三鷹駅北口
  北裏/武蔵関行きバス 緑町住宅(武蔵野陽和会病院前)下車

● JR 中央線/井の頭線 吉祥寺駅北口
  市役所行きバス 緑町住宅(武蔵野陽和会病院前)下車

● 西武新宿線 武蔵関駅南口
  三鷹駅行きバス 緑町住宅(武蔵野陽和会病院前)下車

● 西武新宿線 西武柳沢駅
  三鷹駅行きバス 武蔵野住宅下車

TOP > Hospital info > 蛹サ逋よウ穂ココ遉セ蝗」縲髯ス蜥御シ壹豁ヲ阡オ驥朱區蜥御シ夂羅髯「
top
[ 会社概要 ]
[ プライバシーポリシー ]
[ 全国病院リスト ]
[ サイトマップ ]
勤務エリアから探す
北海道 東北 関東 北陸甲信越 中部
関西 中国四国 九州沖縄 その他

[ 看護師の転職・求人のeナースTOPへ ]
看護師の求人・転職ならeナースモバイル
(C)2011 (株)リンクスタッフ